忍者ブログ
Spinne Allgemeine(しゅぴね あるげまいね)別名シュピネの平穏な日常~また私は如何にして心配するのを止めて無計画で開発するようになったか~は現代版箱庭諸国の参加国であるシュピネ合衆国の提供でお送りするブログです。
[1] [2] [3] [4] [5]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

―――――――――――――――――――――――――
Spinne Allgemeine 第2号
―――――――――――――――――――――――――


―…―…―…―…―…―[国内]―…―…―…―…―…―
・カーツ・ケーラ総帥辞任。新総帥にハーロック・ケーラ親衛隊少将就任
メルキド暦536年5月、我が国の国家元首であるカーツ・ケーラ総帥が老衰を理由に辞任した。
この決定は突然の発表は国中を騒がせた。
カーツ・ケーラ前総帥の辞任は既に軍には知らされていたらしくこのような状況にも落ち着きを見せている。
次期総帥任命権を持つ内政執行局はカーツ・ケーラ前総帥の養子であるハーロック・ケーラ親衛隊少将を新総帥に任命した。
ハーロック・カーツ総帥は、クーデター時は中尉で一個中隊を引き連れ活躍し、その後は少佐へと昇格しケーラ・カーツ前総帥のボディーガードを勤めた。
その際ハーロック・カーツ総帥は開発計画について様々な意見を出し、その意見はいくつか採用された。
その事から政、財界に詳しいという証明になり新総帥に任命されたとされている。
また、カリスマ性が高く国民や軍内部でも人気がありこれも理由の一つとされている。
近年では親衛隊第2軍所属第1旅団の指揮官を務めていた。
この発表に対しカーツ・ケーラ前総帥は、
「私はこのことにより我が国の国家元首は血筋によって決定されるものと他の国に勘違いされるのでは無いかと心配している。だから我が息子ではなく他の者に総帥になってもらいたかったが、もう決まってしまったものは仕方が無い。新しい総帥に我が国の命運を頼むとするよ」
とコメントを残している。
新しく誕生したハーロック・カーツ総帥は、
「微力ながらも自分の持てる力を全て国の発展に注ぎ込みたい」
と意気込みを語っている。


・シュピネ合衆国、超繁栄賞を受賞
メルキド暦529年10月我がシュピネ合衆国は人口500万人を超え超繁栄賞を受賞した。
これにより経済が活性化見込まれている。


・国籍不明機突如出現。多数の被害者出る
メルキド暦533年8月突如国籍不明の戦闘機が現れ攻撃を開始した。
突然の攻撃により開発中だった村が壊滅、約3万人の被害が出た。
この事態を見て親衛隊及び海軍が保有する海底基地からミサイルを発射。
国籍不明機はすぐさま迎撃され被害は最小限に済んだ。
軍はこの戦闘機が何処の軍隊のものか解析、調査を進めている。


―…―…―…―…―…―[国外]―…―…―…―…―…―
・水夏連邦共和国キーリ人民評議会議長訪問
西暦2006年9月下旬水夏連邦共和国国家元首のキーリ・ミューラー人民評議会議長が外遊にて我がシュピネ合衆国に電撃訪問した。
キーリ人民評議会議長は首都ガルマニアにてケーラ前総帥と会談。お互い熱烈な握手を交わした。
今回の訪問によって我が国と水夏連邦共和国は友好を深め、両国間の協力体勢の構築に前向きな姿勢であることを示した。


―…―…―…―…―…―[シュポルツ]―…―…―…―…―…―
・箱庭カップ6400開幕。主催国に我が国が選ばれる。
メルキド暦534年5月箱庭カップ6400が開催、主催国に我がシュピネ合衆国が選ばれ丁重に開会式が行われた。
これにより約29000億カーネの経済効果を巻き起こしました。
また国内の交通事情は総合交通整備計画により比較的影響は受けていないものの、国際空港開発が遅れており今の空港の数では足らず空軍基地を空港として公開し対応している。
我がシュピネ合衆国チームは初戦引き分け、続く第2戦、3戦敗退と苦戦が続いている。


―…―…―…―…―…―[広告]―…―…―…―…―…―
月刊『四角』第二号
特集 スタバルト陥落。神聖ガルバディア帝國海軍の実力を見る/世界の兵器 世界最強の空軍、マウロ連邦共和国の戦闘機に迫る/突撃!隣の糧食 マウロ連邦共和国/
フェルラーク出版

ボク、牛。きのう牧場。きょうステーキ。
シュピネ精肉株式会社

よーく考えた。やっぱり金は命より重いようだ。うんうん。
シュピネホームダイレクト


―――――――――――――――――――――――――
著作権 Spinne Allgemeine 無断転載禁止 2006/10/4発行
―――――――――――――――――――――――――

PR

セフィリアじゃなくてセファリアだったのね!ごめんなさーい!(挨拶)

我が国は今のところ順調に開発しています。
国籍不明機もさっさと撃退できたし、埋め立ても順調だし、リゾート地も順調だし。
セファリアさんと水城さんの所に首都が出来ましたね。
早いですね。とっても早いですね。完成するのが早いですね。
未だに我が国に首都が出来ないのはQECに加盟しないという愚かな選択をしたせいです。はい。
QECの非加盟のせいでセファリアさんが超繁栄賞とったとき我が国は繁栄賞もとってなかったしね。
すべてはQECに加盟してなかったせいです!
加盟していても元から人口増やすつもりもまだ首都を作るつもりもなかったというのは気のせいなんです!
全てはQEC非加盟のせいなんです!
まあ、それでも加盟しないんだけどね。

西夏日報で我らがケーラ総帥が変なコメントを残してますね。
世界平和に繋がるのどうのこうって。
何がどうなってこうなって世界平和に繋がるって言うんでしょうかね。
水夏連邦とラタトスク同盟の親睦が深められるのはわかるけど、世界平和はどうかと思いますよね。
多分、歳です。歳でちょっと耄碌してたんですよ。
なので新しい総帥に代わります。
もう大変なんです。ケーラ総帥は歳でいろいろと大変なんです。だから退職したいんです。
次期総帥については明日発行予定の新聞で公表します。

前回の中の人発言で水質汚濁しろと書いたら本当に起こってしまったようです。
クワバラクワバラ。
なのでこれから他国の水質汚濁を願うような言動は慎みたいと思います。
それにしてもセファリアさんは絶好調ですね。
油田は5つ以上あるし、首都は出来るし、油田は5つ出来るし、お金ウッハウハだし、油田ウッハウハだし、
大気汚染しろ(ひがみ)
これは水質汚濁じゃなく大気汚染なのでセーフです。なので、
大気汚染しろ(ひがみその2)

他国の発展をひがむのでは無く、その発展を一緒に喜べるような国に、人になれたらいいなと思い、思うだけで済ませる今日この頃。
それではお休み。

シュピネ アルゲマイネと読みます(挨拶)

名前の元ネタはドイツにあるマスコミから。新聞の名か会社の名かは知らない。

まったく更新してませんね。このブログ。

他の新興国家の2国はがんばって、がんばって、がんばって、毎日、毎日、毎日更新しているのに。

これも何もかも学校が始まったせいだ。

学校が始まると寝る時間が早くなってしまうと言う不可解な現象が起こってしまうため更新が停滞してしまう。

あと書くネタが思い浮かばないからと言うのはキミとボクとの秘密だ。

もう少ししたら学校生活にもなれてあまり眠くならないようになると思うでその時になったら更新しまくると思います。

思うだけ……いつも自分は思うだけ……思うだけですませてしまうんだ……

ちなみに僕の一人称は目下のもの対して使う一人称なので本当は失礼に値する言葉だったりします。

だからもし「あのね~、僕ね~」と話しかけてくる子供がいたら、「何年上に向かって僕なんてつかってるんじゃ!このくそがきゃ!」と殴り倒しましょう。

俺は僕と同じ目下のものに向かって使うものですが実は僕より丁寧な言い方だったりします。

一人称は私か自分か小生を使っておけば大丈夫だと思います。

話がそれたので現箱の話へ。

開発は順調なのかも。

無計画なりに順調に進んでいるような気がします。

ただリゾート地の人口が気になるところ。

なんでリゾートへ観光しに来たくせに職場で働いているんだ……職場足りなくなっちゃうよ……

外交面でいろいろやる予定。

ヒントはラタトスク。メッセしている人にはもうバレバレかも知れない。というかバレバレである。

あとは他の新興国家の開発の感想。

他の新興国さん1人目のセフィリアさんから。

セフィリアさんは開発が進んでないとかブログで言ってましたが結構順調に見えます。

たぶん我が国より発展力があると思う。そのうち追い返されるだろう。

でも、輝く都市が作りにくそうな気がする。

輝く都市を作る条件は首都が隣にあるか輝く都市が二つ隣接してないといけなかったの思う。

だから、作りにくそうな感じがする。

もし、記憶違いならごめんなさい。もとから輝く都市を作る予定が無いならすみません。

次に他の新興国さん2人目水城さん。

石油がバンバン、そりゃバンバン見つかってうらやましいたらこの上ない。我が国じゃ一個も見つからなかったのに。

水質汚濁しろ(ひがみ)

怪獣対策に駆逐艦を導入したり、石油が見つかったり、軍事大学作ったり、石油見つかったり、大学ウッハウハだったり、石油ウッハウハだったり新興国じゃ最も発展していると言っても過言じゃない。

水質汚濁しろ(ひがみその2)

でも、気になる点が一つあったり。

それは防衛施設が都市の横にあること。

もし怪獣が防衛基地横に都市に出現してそのまま防衛基地に突入したら大惨事なこと間違いなしなのであまりお勧めできません。

駆逐艦のミサイルが防衛施設の防衛区域を無視できるのなら問題ないだろうと思う(ここら辺はよく知らないのでわからん)。

たんなるおせっかいなので気にしなくてもよいと自分は思う。

他の新興国さん3人目のクバルカンさん。

資金援助があったのに堅実的な開発をしています。

きっと職場問題をきちんとしたら一気に人工を増やすのだろうと予想。

本当に堅実に開発しているとそのうちおおばけする可能性が高い。

他の新興国さん4人目のゲルカンさんはよくわかりません。

何せ出来たばかりですから。

がんばってすぐさま我が国など追い抜かしてもらいたいです。

それではひとしきり書きまくったところで今回はこれまで。

みんな歯を磨くんですよ。それではお休み。

―――――――――――――――――――――――――
Spinne Allgemeine 第1号
―――――――――――――――――――――――――
この度、我がSpinne Allgemeine社は我が国、シュピネ合衆国広報用ブログにおいて、
シュピネ合衆国内および国外の情報をお届けするSpinne Allgemeine新聞を発行することになりました。
国内や国外のニュースをお届けできるよう社員総出で励んでまいります。
今後ともよろしくお願いします。

―…―…―…―…―…―[国内]―…―…―…―…―…―
・海底から次々と財宝見つかる。

メルキド暦526年7月、メゼー海探索に向かった海軍の海底探査船が財宝を見つけた。
また翌年9月にも発見し、528年12月でも財宝を発見した。
発見された財宝の総額は十数兆カーネを超えている。
これらの財産は過去、トルビキア国とガルス共和国の戦争中、敵地から徴収した資金を載せたまま沈没した軍艦と見られている。
発見された財宝は開発資金として運用される。
海軍はまだ他に財宝がないか探索を進めていく予定である。


・食物研究所で副作用が発生。多数の死者が出る。

メルキド暦525年春頃、国内の食物研究所で生産された食物から副作用が生じ多数の死者を出した。
また過去に2度副作用を出しており、国民からは食物研究所を運営するのは時期尚早だったのではという意見が出ている。
これに対し軍は「確かに今の技術力では運営は完璧にいかないかもしれない。しかし、食物研究所が無ければ我が国の食料と雇用問題をまかなうことは出来ない」
とコメントを残している。


・リゾート地区の開発を開始。

メルキド暦529年5月、トリア州で唯一領土で復興している南西部においてリゾート地区の開発が始まった。
軍の発表では更なる資金供給のためであり、トリア王国時代の建物を修復、観光地とするようである。
「トリア王国時代の美しき建物を見て皆さんに楽しんでもらいたい」
とカーツ・ケーラ総帥のコメントを残した。


―…―…―…―…―…―[国外]―…―…―…―…―…―
・神聖ガルバディア帝國活動を再開。

近年活動を停止していた神聖ガルバディア帝國が活動を再開した。
神聖ガルバディア帝國は現箱創世記より存在する由緒正しき歴史ある大国であり、世界に多大な与える影響力を持っている。
神聖ガルバディア帝國が活動したことにより世界情勢が慌しく変動することが予想されている。


・マクロネージア国民主化完了

以前より問題になっていたマクロネージア問題における民主化が完了した。
本来、この民主化活動はヤースバル民主共和国のもと運営される予定であったが、何らかの問題がありヤースバル民主共和国は外交を凍結した。
このことによりヤースバル民主共和国の代わりにRpactおよびUENにより同盟関係であるマーナ・モアナ連合首長国が代わりに担当、作成した計画案が承認された。
現在マクロネージア国では無事選挙が終了、民主社会党のロベルト・オリベイラ氏が首相になった。
またマクロネージア国とRpactはアティサノ条約を調印。
これによりマクロネージア国とRpactは同盟を結んだ。


・イェークトバニーア、大旭国の軍隊を派遣

西暦2006年9月24日未明、未だクーデターが続く大旭国へイェークトバニーアへ軍隊を派遣した。
大旭国内ではクーデター軍によって核が使用され多数の被害者が出ている。
派遣部隊の活動内容は主に戦闘支援および医療支援であることが発表されている。


―…―…―…―…―…―[シュポルツ]―…―…―…―…―…―
・次々と勝利を収める我がチーム
箱庭カップ6300において我がシュピネ合衆国チームは次々と勝利を収めている。
第1戦敗退、第2戦引き分けになりながらも第3戦、第4戦と勝利し、予選に通過した。
また準々決勝、アーロン共和国と対戦し勝利した。
これにより国内では歓喜に沸きあがり、1兆カーネ以上の経済効果を巻き起こした。


―…―…―…―…―…―[広告]―…―…―…―…―…―
月刊『四角』創刊号
特集 続く大旭の見えない戦争/世界の兵器 シュピネ合衆国主力戦車I号E型に迫る/突撃!隣の糧食 シュピネ合衆国/
フェルラーク出版

ボク、ブタ。きのう牧場。きょうハム。
シュピネハム

よーく考えよう。金は命より重い。ルール、ルールルルルー……
シュピネホームダイレクト


―――――――――――――――――――――――――
著作権 Spinne Allgemeine 無断転載禁止 2006/9/24発行
―――――――――――――――――――――――――

ぼくワラシニ。きのう陸の上。きょう墓の下。(挨拶)

やめます。ゲビーント語の設定やめます。

だってあれですもん。恥ずかしいですもん。

もうあれですよ、あれ。ガルバディア語かっこいいなと思ってちょいっとまねようかと思っちゃったのですよ。

ほんの出来心なんですよ。

でも、いろいろ考えたらいろいろめんどくさそうですし、自分よく独逸語とかわかってないですし。恥ずかしいですし。

だからやめたいと思います。あれは若気の至りなんです。もう腰が痛い痛いって言っちゃっているような人だけど若気が至っちゃったんです。

だから消します。今日消します。今すぐ消します。

あ、でもいちいち消すのめんどくさいな。面倒だ。とても面倒だ。とてもとても面倒だ。

なので消すのやめます。もう公式設定にします。

公式設定にする予定です(予定は未定)

今の現箱の状況。

はじめて箱庭カップで勝利。やったね!

石油掘りに失敗したり、探索船が沈んだり、豪華客船が作った瞬間氷山にぶつかったりしたけどこれだけで万々歳ですよ。

ガルバディアさんも復活しそうな感じですね。

wikiとか読んでみると新興国を脅迫したりしなかったりしているそうな。

大丈夫かな?大丈夫だよね。

大旭のクーデターは大丈夫なんだろうか。マクロネシアの民主化は大丈夫なんだろうか。

どうしてマクロネシアの軍拡を制限されなければいけないのか。

普通に民主化するだけなんだから制限する必要性は無いと思うのは自分だけですか?

カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[10/25 あおきんぎょ]
[04/09 ワラシニ]
[04/07 Fleur@アロンの中の人]
[04/06 FSF@ベルカ]
[10/31 TRT]
[10/24 ワラシニ]
[10/23 Suica]
[10/21 ワラシニ]
[10/17 Suica]
[10/16 ワラシニ]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
ワラシニ
性別:
男性
自己紹介:
シュピネ合衆国を裏で操っている人。
現代版箱庭開始に伴い専用のブログを設立。
別のブログを持っているけど秘密。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]